鍵と形状

修理する

形状だけで性能が変わる

皆さんの自宅を守るものの代表としては、やはり鍵だと思われます。玄関でも窓でも倉庫など、さまざまなところで使われ誰でも持っている鍵は1つに1つだけしかありません。しかし、万能鍵といったキーも存在していて簡単なところでは万能鍵で十分ということがあります。このキーというのは、形状だけで防犯機能が下がったり上がったりすることがあります。なぜなら、複雑な形状御作り方をしている鍵穴の場合、簡単なキーではなかなかあけることは難しく、特殊な道具を使ってもなかなかあけることはできないような仕組みになっています。なので、新しい家や新築を建てる場合などは、なるべく複雑な形状でありダブルロックといった仕組みをとれば安心です。

複雑に防御力をあげよう

車のキーでも玄関のキーでも窓でも金庫でも倉庫でも、いろんなところに使われているキーは、それぞれに決まった形状に製造されている鍵ですが、役目やどういうあけ方なのかそれぞれによって変わっています。金庫などでは、キーなどではなく丸い形状で数字を決まってる数字に合わせて開けるというやり方で家などとは違い数字を合わせて解錠するというやり方です。最近では、金庫や自宅の鍵がそれぞれではなく、カードの形状をしたIDカードといったセキュリティが非常に高いキーがあります。このカードのような形は、普通の鍵より他人に解錠されることが少なくなりカード1つでスライドさせることで解錠・施錠することが可能でこのような形は人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加