修理できない場合

鍵穴

ドアの修理依頼はどうするか

ドアに不具合がでてしまったら、修理依頼はどうしますか。ドアはレバータイプのもの、ノブタイプのものなどさまざまな形態のものがあります。 知り合いの建築店に依頼する場合や設備業者に修理依頼するなど、まず現状を診てもらうことが必要だと思います。故障の状況にもよりますが、ドアの金具部分が壊れてしまった場合はそこの部分を取り換えてもらう修理だけで治ることが多いと思います。しかし、古いドアだったり、メーカーが不明だったりした場合は取り換えは不可能な場合もあると思います。 その場合はドアをすべて撤去して新しいものを取り付けてもらうことになるのではないでしょうか。修理は簡単にできるようでも意外と難しいものだと思います。

大切に使うことが長持ちの秘訣

ドアの修理は簡単に済めば値段は安価ですが、ドアを1枚取り換えるとなると物にもよりますが、高価になってしまう場合もあります。普段からドアは大切に開け閉めすることに心掛けるようにしたいものです。 玄関ドアに関しては、今はキー式でなく、カードや指紋認証式のものもあります。ただしカード式は壊れやすいという話を聞いたこともあります。それが本当かどうかは不確かですが、いずれにせよ、カードが使用できなくなったとしてもキーで開け閉めできるので大丈夫です。昔ながらのキー式で優しく扱うのが良いかもしれません。どんどん便利になる時代ですが、昔ながらの良さを見直してみるのもいいかもしれないと思います。上手に工夫しながら、快適に生活していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加